投資狂日記

自由を追求するブログ

考えごと

限界と言われ始めた資本主義されど代わりの姿は見えず

資本主義が限界にきていると言われるようになった。たしかに経済格差は拡大し環境破壊が気候変動を引き起こしているとされる。 そこで資本主義に代わるシステムを模索する動きが出てきて、若い世代では社会主義に肯定的な人が増えてきているらしい。 そして…

パッシブは効率的と言いながら市場蝕むタダ乗り投資

今日の日経新聞に興味深い記事があった。 『「タダ乗り投資」市場蝕む パッシブ化の弊害』 という記事だ。 世界的にパッシブ運用の比率が高まっている。パッシブ運用は効率的とされているが、パッシブ運用が膨らむことで逆に非効率になるおそれがあると警鐘…

信用を失っていく大企業

三菱電機が品質不正問題を引き起こした。そしてこの不正が組織的に長い間に渡って行われてきたことが明らかになっている。別のところでもここ数年不祥事が判明している。さらに従業員の過労死も発生していて、その背景にはパワハラ体質があったという。もは…

無知の自覚

世の中はわからないことが溢れている。そして様々なわからないことを多くの人が究明しようとしている。 ある結論が出たとしても、それですべてが解明したわけではない。 研究者や専門家はときに曖昧な言い方や煮え切らない態度をとる。それは「わかった」と…

パソコンのOS三国志

マイクロソフトが新OSのウィンドウズ11を発表した。 そのウィンドウズ11では「アンドロイド」向けのアプリが利用可能となるらしいが、より重視しているのはクラウドだという。そしてウィンドウズ10の利用者は無償で更新可能らしい。 でもかつてのようなイン…

株を守りて兎を待つ

「株を守りて兎を待つ」という故事がある。「守株待兎」という四字熟語もあり、以下のような話だ。 昔、宋の国にいた一人の農夫が畑を耕していると、一匹のウサギが飛び出してきて、畑の切り株にぶつかって死んだ。農夫はこれに味をしめ、もう一度ウサギを手…

株主総会招集通知をすぐにゴミ箱に捨ててはいけない

株式投資をしていて保有株が多いと株主総会招集通知がたくさん届く。ちょうど今頃は毎日のように郵便ポストに入っている。私だけでなく妻の分もあるから結構な量になる。 そうした株主総会招集通知はみんなちゃんと目を通しているのだろうか。結構分厚かった…

富裕層の税負担に思うこと

米国の富裕層は蓄えた富のほんの一部しか税金を払っていない、と非営利の米報道機関プロパブリカが発表した。 どういう方法で納税記録を入手したのか疑問が残るが、富裕層の税負担がいかに低いかを強調している。 確かに米国の富裕層は莫大な富を有していて…

インフレの兆候と株式投資

最近、100円ショップの運営会社が300円~500円の価格帯の店舗を出店しているらしい。業界トップのダイソーは「Standard Products」という新業態を打ち出して人気となっている。 もはや100円ショップも100円均一ではなくなりつつある。これはインフレの兆候な…

株式とトークン

コロナ禍によって制限されてしまったことはたくさんあるが、その中にスポーツ観戦がある。コロナ禍以前は毎年何回かサッカーを観にスタジアムへ行っていたが、その機会がなくなってしまった。もちろん制限されたなかでスタジアムでの観戦は可能なのだが、応…

時代の流れについていく

先日、実家の母から電話があった。新型コロナウイルスのワクチン接種予約をネットでできないかということだった。5月中に最初の受付があったが、電話ではつながらず結局予約できなかったらしい。6月になったら再受付が始まるので、今度はネットでというわけ…

野党が支持されない理由

コロナ対策がうまくいっていない菅内閣の支持率は下がり続けている。今年中に選挙があるのは確実なのだから野党にとってはチャンスなはずだが、その野党の支持率は全く上昇する気配がない。そうなる理由についてプレジデントオンラインに興味深い記事があっ…

人間万事塞翁が馬

街を歩いているとちょっとした違和感に気付く。しばらく行っていなかったところに行ってみたらあったはずの飲食店がなくなっていたり、テナントがまったく入っていないビルがあったりする。 コロナ禍が1年以上続いていることによる影響が如実に表れ始めてい…

東京五輪開催か否か

東京オリンピックは開催されるのか。世間では中止を求める意見が強くなってきている気がする一方で、オリンピック開催関係者は開催する方針を崩していない。 開催の是非について意見が分かれる中、緊急事態宣言は延長されることになりそうだ。この延長によっ…

ソーシャルレンディングへの素朴な疑問

金融庁がSBIホールディングスの子会社であるSBIソーシャルレンディングに対し、金融商品取引法に基づく業務停止命令を出すようだ。内部管理体制がずさんで多数の投資家に損失を与えたことを重く見たという。そしてSBIソーシャルレンディングは事業から撤退す…

お金は使うことに意味がある

お金は誰もが手許にあればあるほどいいと思っている。 でもそのお金は使わないことには意味がない。 お金を持っているというのはいわば選択権を持っていることでもある。欲しいものが買えたり、便利なサービスを受けることができるチケットでもある。 でもチ…

コロナワクチンの同調圧力

日本でコロナワクチンの接種がなかなか進まない状況に苛立っている人が増えている。マスコミも煽るかのように報道し、菅内閣の支持率も下降している。 このコロナワクチンが感染収束のカギといわれる。私もそう思っていた。 だが、冷静に考えてみると現在の…

仮想通貨よりもブロックチェーンに注目

ビットコインなど仮想通貨への投資は何かと世間を騒がせている。それでも私は今のところ仮想通貨への投資をしようとは思っていない。 注目すべきは仮想通貨よりもむしろブロックチェーンだと思っている。 最近「NFT」という言葉を目にするようになった。NFT…

本質を考える力

TBSの日曜劇場ドラマ「ドラゴン桜」を毎週観ている。 このドラマの中でこんなセリフがあった。 「東大がいちばん求めている力は、どれだけ本質を考える力があるかだ」 この「本質を考える力」というのは、東大のみならず今後の格差社会を生きる上でかなり重…

決算発表後の株価

決算発表が多いシーズンになった。 気になるのは決算の内容ではあるのだが、その決算発表後の株価というのも気になるものだ。 ゴールデンウイーク後、保有銘柄ではマークラインズ、カナミックネットワーク、コムチュア、芝浦電子の決算発表があった。内容は…

イライラの衝突

緊急事態宣言が延長される。 これだけ続くと緊急といえるのかという笑えない状態だ。そしてみんなイライラし始めているように感じる。 自粛を要請され、思うように行動できないイライラ。 このイライラを我慢できずに出歩く人が減らなくなっている。 そして…

時間が流れる感覚

ゴールデンウイークも今日が最終日。どこにも出かけず家でのんびりしていると時間がゆっくり流れる感覚がある。 ふとサラリーマンとして働いていた時のことを思い出す。 あのときは車輪のようだった。目まぐるしく動いているので文字通り目が回りそうになる…

下積み期間

初めてのことや慣れないことをするときなど、下積み期間が必要なものがある。仕事もそうだし、投資もそうだ。 下積み期間は苦しいことが多い。慣れていないし、手順がわからず段取りも悪いからしょっちゅう失敗する。そしてここで続けられる人と辞めてしまう…

時間の使い方について

経済的自由を求めるのは何故か。 それは「何をするか決まっていない時間」を得るためだ。そしてその時間を自由に使うためだ。 実際に経済的自由を得たものの、「何をするか決まっていない時間」に何もすることがなくて結局仕事のある生活に戻ったという人も…

3度目の緊急事態宣言

3回目の緊急事態宣言が出る。コロナ禍でダメージを受けてきた企業の苦難は続く。だが逆に言えば、これだけのダメージを受けながらなお存続できる企業というのは見直す必要があるかもしれない。 外食や旅行・レジャー関連は業績が落ち込み株価も低迷している…

フリーランスの未来

街中でウーバーイーツの配達員を頻繁に見かけるようになった。コロナ禍によって仕事を失い、配達員の仕事をしている人も多いのだろう。こうしたウーバーイーツに限らず、ギグワーカーと呼ばれるフリーランスが増えている。 フリーランスというと、不安定であ…

投資は動かない方がうまくいく

株式投資をしていると、たくさん売買をしたくなってしまうものだ。だが長年投資をしてきて、頻繁に売買すればするほどうまくいかないというのを経験してきた。もちろん、そういうやり方で儲けている人がいることは確かだろう。でも本当にそれでうまくいく人…

他人資本と自己資本

小室圭さんの公表した文書とその後の解決金を巡る動向が話題となっている。 小室さんの母親がその元婚約者から受けた金銭が借金が否かについて法律的な解釈などがされているが、私は小室さん個人の財政状態が気になる。 何かするときに資金が必要であれば、…

「会社員」という職業

最近では子供たちが大人になったらなりたいもので「会社員」が人気らしい。 コロナ禍で在宅勤務をしている親の姿を見たことの影響が大きいのかもしれない。 ところで、職業が「会社員」というのはよくよく考えるとおかしなことだ。「会社員」というのは会社…

投資家としての矜持と志

儲けることは手段か目的か。 ある目的を達成するための手段として投資をして儲けようとしているのか、それとも儲けること自体が目的なのか。 初めは前者だったのに、気付けば後者となっていないか。 儲けるためだったら何をしてもいいわけではない。 そこに…