投資狂日記

自由を追求するブログ

予想PER180倍

PER(株価収益率)は株価の割安・割高を判断するために用いられる指標だ。株価を1株当たり利益(EPS)で割って算出するのだが、1株当たり利益は来期の予想数値を使うのが普通だ。 来期の予想数値だから、それを利用して算出されるPERも予想数値となる。通常…

コンビニの未来

コンビニ業界は変革期にあるようだ。人手不足が深刻になり24時間営業の見直しなど、従来のやり方では行き詰まるおそれが出てきた。 その一方で、Amazon Goのような無人店舗も登場しつつある。人手不足を解消するには無人あるいは省人の方向へ向かうのは必然…

経営陣がゴタゴタする企業

日産のカルロス・ゴーン元会長の事件はまだまだ続きそうだが、ここ最近は経営陣のトラブルが目立っているように感じる。過去に経営陣がゴタゴタした企業を列挙してみると、 クックパッド 大塚家具 セブン&アイ・ホールディングス 出光興産 三越伊勢丹ホール…

不確実な将来に賭けるということ

今日、ロゼッタ株がストップ高となった。前期の赤字から黒字に転換し、今後の業績も伸びるということが評価されたようだ。 だが、株価が上昇したからといってその企業の「価値」も”同じように”上昇しているといえるのか、いつも疑問に思っている。企業の価値…

運用状況(2019/4/13時点)

現在の運用状況は次の通り。※個人口座のみ <現物株 評価損益率> ウェザーニューズ 100株 96.21%日進工具 1,000株 134.25%ロゼッタ 800株 79.96%コムチュア 900株 126.02%エーアイテイー 5,700株 284.97%芝浦電子 400株 -4.51%ユアサ商事 300株 -17.33%アリ…

【銘柄チェック】ミズホメディー(4595)

今回はミズホメディー(4595)をチェック。 感染症検査薬など体外診断薬の開発・製造・販売を手掛ける。インフルエンザウイルスやアデノウイルスなどの感染症検査薬が主力。インフルエンザ検査薬が売上の半数を占めることからインフルエンザ流行時期に売上が…

渋沢栄一の理念

新しい1万円札の肖像が渋沢栄一になったが、その知名度は意外と低いようだ。私の妻も「渋沢栄一?誰?」という反応だった。「日本資本主義の父」ともいわれる偉大な人物がさほど知られていないのは驚くべきことなのだが、これは学校の歴史授業での扱いによる…

エーアイテイーの2019年2月期決算

エーアイテイーが2019年2月期の決算短信を発表した。 売上は前年比10.6%増、純利益も6.1%増で着地。悪くはないが、良いともいえない微妙な感じ。来期は日新運輸を完全子会社化することで大幅増益を見込んでいる一方で、子会社化に伴うのれんの償却が負担と…

紙幣刷新で思ったこと

紙幣が2024年に刷新されることが発表された。2004年以来20年ぶりのことらしいが、もうそんなに経つのかと思うと時の流れの速さを思い知る。 このニュースで、関連銘柄が急騰したようだ。その一つである日本金銭機械は、かつて株を買っていたことがある。当時…

【読書記録】「隷属なき道 ~AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと1日3時間労働~」ルトガー・ブレグマン 著

ロボットやAIが広がってきたのは、人間がしたくないことを代わりにやってもらうためだ。だが一方で人間の仕事を奪い、生活するための収入源を失うことにつながる。このことが人々を不安にさせている。その不安を解決するものとしてベーシックインカムが取り…