投資狂日記

自由を追求するブログ

勝率にこだわる投資しているとありがちなのはコツコツドカン

株式投資をしていて不思議に思うのは、「勝率」にとてもこだわる人がいるということだ。負けることなく勝ち続ければ儲かると考えているのだろう。 そもそも株式投資における勝ち負けというのはなんなのか。 買値より高く売れば勝ち、買値より低い値段で売れ…

限界と言われ始めた資本主義されど代わりの姿は見えず

資本主義が限界にきていると言われるようになった。たしかに経済格差は拡大し環境破壊が気候変動を引き起こしているとされる。 そこで資本主義に代わるシステムを模索する動きが出てきて、若い世代では社会主義に肯定的な人が増えてきているらしい。 そして…

パッシブは効率的と言いながら市場蝕むタダ乗り投資

今日の日経新聞に興味深い記事があった。 『「タダ乗り投資」市場蝕む パッシブ化の弊害』 という記事だ。 世界的にパッシブ運用の比率が高まっている。パッシブ運用は効率的とされているが、パッシブ運用が膨らむことで逆に非効率になるおそれがあると警鐘…

運用状況(2021/7/18時点)

現在の運用状況は次の通り。※個人口座のみ <現物株 評価損益率> ウェザーニューズ 100株 232.33%日進工具 500株 175.33%コムチュア 1,800株 189.04%エーアイテイー 6,200株 216.24%芝浦電子 300株 41.43%マークラインズ 1,200株 32.93%カナミックネットワ…

カナミック転換社債発行しM&Aの期待高まる

昨日、カナミックネットワークがM&Aのための資金調達を発表した。 転換社債と新株予約権を同時に発行し、希薄化を弱めるための自己株式取得も実施するという。 転換社債は転換価格修正条項がついていたので一瞬嫌な印象を持った。かつて既存株主の犠牲のもと…

エーアイテイー決算内容いいけれど株価は派手に上がることなし

昨日、エーアイテイーが2022年2月期第1四半期決算を発表した。 営業収益が前年同期比22.1%増、純利益が同49.4%増と好調だった。巣ごもり消費の拡大で生活雑貨や家電製品の取り扱いコンテナ数が増加し、さらにコンテナ不足による海上運賃の高騰が収益を押し…

株式で儲けるためにすることは企業について調査すること

株式投資に役立つツールにはいろいろある。そして投資手法によって使うツールも違ってくる。 ファンダメンタルを重視する株式投資家にとっては、会社四季報が定番だ。そして何より決算短信や有価証券報告書などの適時開示資料が中心となる。それに加えて決算…

運用状況(2021/7/11時点)

現在の運用状況は次の通り。※個人口座のみ <現物株 評価損益率> ウェザーニューズ 100株 232.93%日進工具 500株 171.72%コムチュア 1,800株 193.89%エーアイテイー 6,200株 201.76%芝浦電子 300株 45.58%マークラインズ 1,200株 31.75%カナミックネットワ…

梅雨空の終わりが近づき株式の相場が晴れる時も近づく

東京都に緊急事態宣言が再び出されることになり、東京オリンピックについて首都圏では無観客開催となることが決まった。 これまでオリンピック開催か否か、そして開催しても観客を入れるのかどうかなど、はっきりしないことが多かった。日本の株式市場が海外…

株を買うときの感覚

これまで履いていたスニーカーがだいぶボロボロになってきたので、新しいスニーカーを買うことにした。ネットで見当をつけてお店で実物を確認して買うつもりであれこれチェックしていると、やはり値段が気になってくる。セール品のものでもいいかと思う一方…

【銘柄チェック】イー・ガーディアン(6050)

今回はイー・ガーディアン(6050)に着目。 総合ネットセキュリティ企業。Web監視が主力で最近は動画チェックの需要が伸びている。一方、ソーシャルゲームのサポートは減少し苦戦。新しい事業の柱としてサイバーセキュリティ事業が拡大している。セグメント…

運用状況(2021/7/4時点)

現在の運用状況は次の通り。※個人口座のみ <現物株 評価損益率> ウェザーニューズ 100株 240.74%日進工具 1,000株 179.31%コムチュア 1,800株 195.14%エーアイテイー 6,200株 196.94%芝浦電子 300株 48.35%マークラインズ 1,200株 31.88%カナミックネット…

信用を失っていく大企業

三菱電機が品質不正問題を引き起こした。そしてこの不正が組織的に長い間に渡って行われてきたことが明らかになっている。別のところでもここ数年不祥事が判明している。さらに従業員の過労死も発生していて、その背景にはパワハラ体質があったという。もは…

無知の自覚

世の中はわからないことが溢れている。そして様々なわからないことを多くの人が究明しようとしている。 ある結論が出たとしても、それですべてが解明したわけではない。 研究者や専門家はときに曖昧な言い方や煮え切らない態度をとる。それは「わかった」と…

含み損の扱い

株式投資をしていると、株価が買値よりも下落している状態で保有し続ける「含み損」に直面することは避けられない。 含み損の状態が非常に短く済む幸運もあるし、延々と続いて忍耐を強いられることもある。 この含み損という状態をどう扱うかは人によって異…