投資狂日記

自由を追求するブログ

決算発表後の株価

決算発表が多いシーズンになった。 気になるのは決算の内容ではあるのだが、その決算発表後の株価というのも気になるものだ。 ゴールデンウイーク後、保有銘柄ではマークラインズ、カナミックネットワーク、コムチュア、芝浦電子の決算発表があった。内容は…

イライラの衝突

緊急事態宣言が延長される。 これだけ続くと緊急といえるのかという笑えない状態だ。そしてみんなイライラし始めているように感じる。 自粛を要請され、思うように行動できないイライラ。 このイライラを我慢できずに出歩く人が減らなくなっている。 そして…

運用状況(2021/5/9時点)

現在の運用状況は次の通り。※個人口座のみ <現物株 評価損益率> ウェザーニューズ 100株 222.71%日進工具 1,000株 187.47%コムチュア 1,800株 225.90%エーアイテイー 6,200株 200.91%芝浦電子 300株 -2.98%エスティック 200株 -28.89%マークラインズ 1,200…

セルインメイの意味

5月には「セルインメイ」という相場格言がある。「株は5月に売れ」ということだが、5月になってこの言葉通りに実行している人もいる。 それは「5月に株価が下がるから、売り逃げしておこう」ということなのだろう。 だが、本来はこの格言には続きがあって、…

時間が流れる感覚

ゴールデンウイークも今日が最終日。どこにも出かけず家でのんびりしていると時間がゆっくり流れる感覚がある。 ふとサラリーマンとして働いていた時のことを思い出す。 あのときは車輪のようだった。目まぐるしく動いているので文字通り目が回りそうになる…

【読書記録】「雄気堂々(上)(下)」城山三郎 著

NHK大河ドラマや新1万円札の図柄に採用されたことで渋沢栄一が注目を集めている。その渋沢栄一を主人公にした小説「雄気堂々(上)(下)」を読んだ。 渋沢栄一は日本資本主義の父といわれるほど様々な企業の設立に関与し産業の礎を築いた偉大な人物だ。それほ…

運用状況(2021/5/2時点)

現在の運用状況は次の通り。※個人口座のみ <現物株 評価損益率> ウェザーニューズ 100株 220.31%日進工具 1,000株 189.56%コムチュア 1,800株 230.01%エーアイテイー 6,200株 199.21%芝浦電子 300株 -2.57%エスティック 200株 -26.74%マークラインズ 1,200…

テンバガーの可能性を株主資本の成長から考える

株価が10倍になることをテンバガーというが、株式投資でテンバガーを掴むことの影響は大きい。100万円が1,000万円になることを想像すれば当たり前だ。だからテンバガーを掴むことに憧れる。 では、テンバガーを掴むにはどうすればいいのだろう。 テンバガー…

下積み期間

初めてのことや慣れないことをするときなど、下積み期間が必要なものがある。仕事もそうだし、投資もそうだ。 下積み期間は苦しいことが多い。慣れていないし、手順がわからず段取りも悪いからしょっちゅう失敗する。そしてここで続けられる人と辞めてしまう…

時間の使い方について

経済的自由を求めるのは何故か。 それは「何をするか決まっていない時間」を得るためだ。そしてその時間を自由に使うためだ。 実際に経済的自由を得たものの、「何をするか決まっていない時間」に何もすることがなくて結局仕事のある生活に戻ったという人も…

運用状況(2021/4/25時点)

現在の運用状況は次の通り。※個人口座のみ <現物株 評価損益率> ウェザーニューズ 100株 233.53%日進工具 1,000株 212.52%コムチュア 1,800株 231.88%エーアイテイー 6,200株 191.83%芝浦電子 300株 -4.23%エスティック 200株 -26.67%マークラインズ 1,200…

3度目の緊急事態宣言

3回目の緊急事態宣言が出る。コロナ禍でダメージを受けてきた企業の苦難は続く。だが逆に言えば、これだけのダメージを受けながらなお存続できる企業というのは見直す必要があるかもしれない。 外食や旅行・レジャー関連は業績が落ち込み株価も低迷している…

フリーランスの未来

街中でウーバーイーツの配達員を頻繁に見かけるようになった。コロナ禍によって仕事を失い、配達員の仕事をしている人も多いのだろう。こうしたウーバーイーツに限らず、ギグワーカーと呼ばれるフリーランスが増えている。 フリーランスというと、不安定であ…

投資は動かない方がうまくいく

株式投資をしていると、たくさん売買をしたくなってしまうものだ。だが長年投資をしてきて、頻繁に売買すればするほどうまくいかないというのを経験してきた。もちろん、そういうやり方で儲けている人がいることは確かだろう。でも本当にそれでうまくいく人…