投資狂日記

自由を追求するブログ

投資

アリアケジャパン株を買い増し

今日は日経平均株価は大幅下落。 ここは買い時と思い、アリアケジャパン株を100株買い増しした。前々から追加取得を考えていたが、ようやくその時が来たという感じだ。これで購入単価が6,000円を下回ることになる。 それとブログ記事でも取り上げたトランザ…

手持ち無沙汰

今日の日経平均株価は続伸して、年末の急落からだいたい半分戻したことになる。状況は良くなっていると感じるものの、まだ波乱が起きそうな雰囲気もある。 こうじりじりと上昇していく局面では、新たな投資がしにくい。急落したときを狙っていいても逆に上昇…

AIと投資

投資の世界でもAIの存在が目立ってきている。このAIを利用した投資についてどう考えるか。 今のところ主なAI投資は、ETFを中心とした国際分散投資で投資家のニーズに応じたポートフォリオを組み自動で運用していくタイプのようだ。様々な資産クラスを適切に…

ジム・ロジャースの言葉に耳を傾ける

ジム・ロジャースが来日してメディアのインタビュー記事が多く流れている。今回のみならず時折インタビュー記事を目にするのだが、彼の投資の見方はいつも一貫していて参考になる。 日本についても一貫して長期的に悲観視している。人口が減少していて移民を…

大和ハウスリートの公募売出抽選は外れ

大和ハウスリートの公募売出に応募し補欠当選していた。一応購入申込をしたが、今日繰上当選ならず。あまり期待はしていなかったが、実際外れてみると悔しい。 それにしても最近REITは堅調だ。REITを組み入れる投資信託も資金の流入が増えているようだ。こう…

分散と集中

投資では一般に「卵を一つの籠に盛るな」と分散の重要性が強調される。一方で、「卵を一つの籠に盛り見張っておけ」という集中投資という考え方もある。 私の場合は集中投資といっていいい。株式がメインで一部はREIT。その他には金とプラチナの積立をしてい…

新卒が集まらない業界と株価の関係

今日の日経新聞で地方銀行に新卒が集まらないという記事があった。地方銀行は地元の自治体と並んで安定した就職先だったが、最近では新卒の人気が落ちているという。 この記事の中で、就活生を対象とした「最も敬遠したい業界」のアンケート調査があり、地方…

大和ハウスリートの公募売出抽選に応募

今日、大和ハウスリートの公募売出抽選に申し込んだ。 すでにREITは5銘柄保有しているが、配当金・分配金収入を増やす手段としてREIT銘柄を増やすことを考えていた。ここ最近REITの値動きは堅調で、年末の暴落の影響も少ない。このREITの安定感は捨てがたい…

株式投資においてROEと自己資本比率を重視する理由

株式投資をするとき、私はROEと自己資本比率を重視しているがそれは何故か。 ROE(Return On Equity)とは自己資本利益率のことで、自己資本すなわち株主の投資額に比してどれだけ効率的に利益を獲得したかを示す指標だ。この値が高いほどその企業は効率的に…

株式市場は悲観を払拭しつつあるのか

日経平均株価は昨日に続き上昇し、21,000円をあっさり超えてきた。21,000円の手前で足踏みするかなと思っていたところ、この上昇にはちょっと驚いた。悲観的な要素が薄れつつあるのだろうか。 この上昇を利用して、昨日売ったJACリクルートメント株の残り保…

JACリクルートメントの2018年12月期本決算

JACリクルートメントの決算が発表された。だが決算が発表される前に取引時間中に持株500株のうち300株を売却した。業績自体は好調なのだが、それが今後も続くのか疑問に感じたからだ。 人手不足が深刻になるという状況は人材関連企業にとって追い風となると…

今日新たに投資した銘柄

今日は日経平均株価が大幅に下落した。そんな中、久しぶりに新規銘柄を現物で買った。 買ったのはアリアケジャパン。天然調味料の最大手で「食のインテル」の異名をとる企業だ。ずっと前からチェックしていたが株価が高い状態で投資できずにいた。 そのアリ…

「定期的収入」に固執しないようにするには

「定期的収入」というのは人々を強力に引き付ける。だから老後に備えて不動産投資による家賃収入をもくろむ。今となっては廃れてきた毎月分配型投資信託に人々は群がった。株式投資では配当金で生活できるようになることを夢見る。独立や転職をしようとすれ…

決算発表シーズンの過ごし方

決算発表が本格化するシーズンだ。世界的に景気後退懸念がある中、業績の下方修正が続出するのではないかという不安が漂っている。 年末に株価が大幅下落したが、それはあくまで市場での出来事であって、そこで慌てふためくのではなく、あくまで企業の業績に…

ユアサ商事の2019年3月期第3四半期決算

今日はユアサ商事の第3四半期決算が発表された。 売上高は前年比7.2%増、純利益は6%増という結果だった。驚くような結果ではないが、順調であることで安心感がある。事業内容が地味であることもあり、こうした着実な結果のほうがしっくりする気がする。 着…

日進工具の2019年3月期第3四半期決算

今日、日進工具の第3四半期決算が発表された。 売上は前年比10.1%増、純利益は5%増という結果。売上は伸びたものの人件費などが増加し利益はあまり伸びず。また、米中貿易摩擦により電子部品に影響が出始めているようだ。通期予想も利益は控えめとなっていて…

コムチュアの2019年3月期第3四半期決算

昨日、コムチュアの第3四半期決算が発表された。売上高は前期比7.5%増、純利益も21.4%増となり過去最高となった。業績は好調であり、この傾向は今後も続くと考えられる。 だが、今日のコムチュア株は大幅下落した。東証一部の値下がり率ランキングでも上位…

必勝法を探すより得意技を磨く

投資に必勝法はない。投資関連の書籍や情報商材などで必勝法を謳うものがあるが、残念ながらそれは必勝法ではない。たまたま上手くいくこともあるが、そうならないことも当然ある。むしろ、必勝法を謳うものは疑ったほうがいいと思っている。 投資に必勝法が…

日常にある投資のヒント

我が家では子供2人が続いてインフルエンザにかかり、ついに妻もインフルエンザでダウンしてしまった。昨年秋に予防接種したのだが、それでも高熱は出てしまうようだ。 近所のクリニックで診察を受け処方されたインフルエンザ治療薬は「ゾフルーザ」という新…

オプション取引への好奇心

取りやめていた日経225オプション取引をまた再開することにした。思うように収益が挙がらないことが取りやめた理由だったが、その後もオプション取引についていろいろ考えを巡らせていた。「この局面ではこうするといいのではないか」といくつもシミュレーシ…

ロゼッタ株がストップ高

先週の決算発表で内容が良かったことからロゼッタ株が急騰しストップ高となった。 年末から大きく株価を下げていたが、業績は回復傾向にあり今後も拡大すること想定していたので売ることは全く考えていなかった。含み損になった時点で損切りしてしまったら、…

ロゼッタの2019年2月期第3四半期決算は前年比で大幅増益

ロゼッタの2019年2月期第3四半期決算が発表された。 売上は前年比で38.5%増、前年は赤字転落だった純利益も大幅な黒字となった。この増益の要因はなんといってもMT事業にある。MT事業はいわば機械翻訳事業だが、この事業が劇的に伸びている。売上は前年比で…

妻のポートフォリオのその後

半年ぐらい前に妻のポートフォリオについて記事を書いた。 www.crazy-investor.jp その後、年末の暴落などを経てどうなっていたか。 半年前は含み益が約40%だったが、それが約32%となっている。さすがに悪化しているが、思ったほどではない。 ちなみに保有…

エーアイテイーの2019年2月期第3四半期決算は増収増益で着地

今日、エーアイテイーの第3四半期決算が発表された。 営業収益は前年比12.3%増、純利益は13.3%増と増収増益で着地。米中貿易戦争の影響が気になっていたが、ここまで業績には悪影響は出ていないようだ。日立物流と業務提携し、営業基盤を強化することがいい…

こんなときもあるさ

今日は大納会。日経平均はなんとか20,000円台で終えた。これで7年ぶりに昨年末から下落して終わったことになる。 株価は長期的には企業の業績に連動すると考えているが、たしかにアベノミクス以後の企業業績は向上してきたから、これまでの株価上昇は妥当と…

インベスターなのか、それともトレーダーなのか

今日も日経平均株価は大幅下落となった。米国政治のゴタゴタが下落に拍車をかけているようだ。そういえば日本でも民主党政権時はその政治運営の拙さもあり株価が低迷していたことを思い出した。 民主党政権のときの迷走ぶりには呆れ返ったが、今回の米国トラ…

落ちるナイフを掴みに行く

今日も株式市場は大幅下落。日経平均株価は辛うじて20,000円の大台を維持したが、いよいよ恐怖心が市場を覆い始めたようだ。 急落が連日続いていることで、追証がかかっている人の投げ売りも出ているようだ。まさに売りが売りを呼んでいて、底が見えない恐怖…

みんなが儲かると思って群がる案件は大抵儲からないものになる

昨日、話題となっていたソフトバンクが上場した。株価は大幅に下落したことでニュースでも大きく取り上げられた。 私自身はこの上場については単なる傍観者であったが、こういう案件と投資家の行動について考えてみることは今後に活かせるだろう。 今回のソ…

コムチュア株急落

コムチュア株が急落した。 前日に通期の業績予想を上方修正したが、同時に第三者割当の新株予約権発行が発表された。これが潜在的な株式価値の希薄化につながるとことが嫌気されたようだ。 新株予約権発行により潜在的に130万株増加し、これは発行済株式総数…

神経過敏

相変わらず株価変動が激しい。今日も大きく下落した。中国の習近平国家主席が演説で景気刺激策に触れなかったとか、FOMCを控え投資家が様子見を決め込んでるとか、色々な理屈をこねている。 要は、ちょっとしたことに神経過敏に反応している。みんなが悲観的…