投資狂日記

自由を追求するブログ

投資

日経平均VI先物がもっと活発になってくれればいいのに

今、オプション取引に本格的に取り組んでいる。日経平均先物ミニも利用して何とか利益が出ている状態だがまだまだだ。 オプション取引は相場の上下の影響を受けないポジションを作ることができるので、株式取引とは違った感覚をもつようになる。相場が上がろ…

妻のポートフォリオ

私が勧めて妻も証券口座を開き、株式を保有している。だがそれほど熱心というわけではなく、ほとんどほったらかしだ。ただ株主優待は気になるらしい。 そんな感じなのだが妻のポートフォリオは結構すごい成績なのだ。現在、ポートフォリオ全体の含み益が約40…

初めて株主総会に出席した

今日、保有株の一つであるロゼッタの株主総会に出席した。株主総会に出席するのは生まれて初めてだ。 株主総会では事業報告と取締役の選任決議が行われた。事業報告については決算短信などで把握していたものの、書面からはわからない社長の声から伝わるニュ…

投資することによって見える世界

株式投資について必要以上に怖がっている人がいる。 私の母も私が株式投資していることについていつも心配している。この株式投資に対する恐怖心とは何なのだろうか。 株式投資をして怖いと思うのはおそらく「損をする」と思うからだろう。株式投資で損をす…

東京精密の2018年3月期決算

先日、東京精密の決算が発表された。 半導体関連が好調であること、それと東京精密の財務内容が私好みでもあることから信用取引で300株買っている。だが、買ったはいいものの株価は芳しくない。業績はいいが、半導体は市況に左右されるから難しいということ…

サンマルクの2018年3月期決算で感じたこと

昨日、サンマルクホールディングスの2018年3月期の決算が発表された。これまでの四半期決算の内容から業績の悪化は想定していたが、その通りの結果だった。2019年3月期予想をみると業績回復を見込んでいるが力強さは感じられない。 サンマルク株は長年保有し…

最近の日経平均の動きはなんとなく不気味だ

上場企業の決算が本格化し、銘柄によって明暗がでている。だが、日経平均の動きはここ最近あまり動いていない。 実際、日経平均ボラティリティー・インデックスは今年2月に36ポイントまで急上昇したあと徐々に低下し、今は15ポイントを下回っている。昨年は…

コムチュアの2018年3月期決算発表

保有銘柄のコムチュアが決算を発表した。 保有株の中でも最も勢いのある企業だけに期待も大きい。 2018年3月期は好結果だった。 前期と比較して売上高は17.9%増、純利益は31.4%増となり過去最高。この結果はある程度予想していたので、気になるのは今後の…

ニンテンドーラボは興味深いけど・・・

先日、ニンテンドースイッチ向けゲームソフト「ニンテンドーラボ」が発売された。段ボールの模型にコントローラーを組み合わせる新しい遊び方だ。CMでみたとき、「おっ」と驚いたのを記憶している。 任天堂は長い間低迷していた。だが、この会社は新商品を世…

つみたてNISAを普及させようとする背景

先日、自宅の電話に証券会社から電話があったと妻に言われた。つみたてNISAの勧誘だったらしい。私の携帯電話にも数回かかってきたことがある。どうやら証券会社はつみたてNISAで顧客獲得に躍起になっているようだ。 つみたてNISAの口座数は実際に増加してい…

株式の配当とREITの分配金についてのメリットとデメリット

今年に入って、配当金や分配金の収入は昨年の同時期に比べると格段に多くなった。それは昨年から銘柄を入れ替えてREITを増やしたことにある。 REITは分配金利回りが4%ぐらいのものが多いのに対し、株式では東証一部全体でも1.5%ぐらいとだいぶ差がある。た…

ロゼッタの決算と今後

先週、ロゼッタの決算発表があった。それを受けて週明けの株価は大幅下落だった。 決算内容と今後について考えてみた。 もともと業績悪化は想定していたので、来期以降がどうなるかに注目していた。 だが来期の予想は開示しない方針らしい。 「大きな変革期…

投資の必勝法を探してしまう心理

書籍でもネットの情報でも投資について”必勝法”を謳っているものがある。必勝法があるのならそれを知りたいという人間の欲望をうまくつかんでいる。 そして投資に興味ある多くの人がそれを求めている。いろんな投資本でアマゾンのレビューコメントによくある…

いま砂上の楼閣にいるのではないか

先日、BS各局共同番組で池上彰氏と歴史学者・磯田道史氏の対談をみた。 この番組の中で、『日本の習慣のなかには「もし〜だったら」ということを考えない 、というより嫌なことは考えないようにするという傾向がある』と磯田氏が述べていた。 私も似たような…

投資における損切りについて

国内では森友学園にかかる財務省の文書改ざん問題、海外では米国のトランプ大統領が国務長官などの解任による外交の混乱や保護主義的な貿易への懸念、ロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席の権力集中。こういった内外の政治的な動きから悲観的なコ…

投資は身近なところから

株式投資というと、チャートとにらめっこしているという印象がある。特に初心者はそうなりがちではないだろうか。あるいは四季報を片っ端から読み込まなければと思っているかもしれない。 株式投資をする”きっかけ”というのは、その後の投資スタイルを決める…

法人設立後に思わぬ壁が立ちはだかる

以前、法人設立が完了したことはこのブログでも書いた。 法人設立のハードルはかなり下がっていて、手続きさえ間違わなければすんなりと事は進む。登記が済めば税務署などへの手続きも難しくはない。 だが、本当の難関はこの後にやってくる。 それは銀行の法…

財務数値だけでは企業の価値は測れない

「価値」というものについて最近考えることが多くなっている。 株式を買う際にもその企業の価値を考え、その価値が現在の株価と比較して割安か割高かを判断する。その企業の価値を判断する拠り所となるのは決算などからの財務数値がメインだ。だが、この財務…

リニカル(2183)の業績下方修正

注目していたリニカルの3Q決算発表があり、同時に通期の業績下方修正が発表された。 下方修正の理由は、大型案件の延期で想定していた売上見込みを下回ったことと、案件を見込んだ人員の増加による人件費の増加及びオフィス移転による家賃増加により利益が減…

価格ではなく価値を見極める

今日の株式相場は大暴落だった。 こういう暴落があった時、どう対応するかはこのブログでも度々書いてきた。 とにかく焦らないことだ。 暴落というのは感情的なもので正常な判断のもとに起きていることではない。いろんな理屈をつけるだろうが、そのほとんど…

コムチュアが第3四半期決算と増配を発表

コムチュアが平成30年3月期第3四半期決算と同時に期末配当の増配も発表した。決算内容はとてもいい。 前年比で売上・利益は以下のようになっている。 売上高 22.4%増 営業利益 51.3%増 経常利益 50.0%増 純利益 64.2%増 この好決算もあり期末配当も増配…

会社設立の登記申請をしてきた

今日、会社設立の登記申請のため法務局へ行ってきた。 会社設立については、以前税理士事務所に勤めていた時に手伝ったことがある。当時は有限会社でも設立に結構手間がかかったことを覚えている。 それに比べ今ではかなり身近になった。 会社設立となると現…

日経新聞に掲載された「NEXT1000」の企業は投資先として魅力的か

今日の日経新聞朝刊で、日本経済のけん引役と期待される中堅の上場企業約1,000社のうち安定して純利益を稼いでいる企業のランキングが20位まで記載されていた。 このうち私が投資している日進工具が10位に、そして信用で買建てているリニカルが15位にランク…

増配は重要な目安

私の保有銘柄のうち主力であるエーアイテイーが増配を発表した。昼頃の公表だったため、その後株価は急上昇した。ここのところずっと下落していたところだったのでタイミングは良かった。 株式投資でこの増配というのは重要な目安だと思う。 増配するという…

憧れのテンバガー(10倍株)

昨日の日経新聞で「株価5年で10倍銘柄、74銘柄に急増」という記事があった。 アベノミクスが始まってからというもの日経平均も大幅に上昇したので、株価が10倍になった銘柄が増加したことに不思議はない。 こういう記事を目にすると、どうすれば10倍株を手に…

投資の心構え

投資をメインにして稼いでいくにあたり、改めて2つの心構えを肝に銘じることにしました。 ・焦らないこと 投資には不運が続きうまくいかないことも多くあります。不確実な将来を相手にしているのですからこれは避けられません。うまくいかないときにいかに…

会社四季報のココを読む

会社四季報が発売されました。 私はいつも日経の「日経会社情報」を買っていたのですが、日経は紙の書籍で販売しなくなったので会社四季報を買いました。 なぜ紙の四季報を買うのか。 それはスマホの手帳アプリより紙の手帳を買うのと似ています。何かと日常…

さて、どうするか

今年も半分が過ぎ、配当金の入金も一段落した。 ここまでの状況を見てみると、最近に投資した銘柄は概ね順調に含み益が出ているものの、長く保有してきた銘柄で業績が伸びず株価も冴えない。 基本的な方針は業績のしっかりしている企業を厳選し、できるだけ…

ウェザーニューズ暴落

ウェザーニューズが17年5月期の決算発表をうけて暴落した。 今年に入って保有数を既に減らし、もともとの投資元本は回収済なので暴落したとしてもあまり痛くはない状況なのだが、業績内容は吟味しなければならない。 暴落した原因の大きな理由は来期の業績予…

現在の保有株の状況

今年ももうすぐ半分が終わる。今年に入ってから保有銘柄の入れ替えをいくつか行った。現在の保有銘柄と数量、評価損益率は以下のとおり。 あみやき亭 200株 +12.10%サンマルクホールディングス 400株 +131.00%クイック 1,500株 +92.53%ウェザーニューズ 3…