投資狂日記

自由を追求するブログ

投資

ESGというブーム

環境、社会、企業統治を重視するESG投資というのがもてはやされている。こういう観点から投資を考えること自体は悪くはない。だがそれが世の中で注目されるようになるとそれに便乗した動きが出てくる。典型的なのはESGをテーマとした投資信託が次々と登場し…

アドリブ

コロナウイルスワクチンへの期待が高まっている一方で、感染者の増加が止まらない。再びロックダウンする都市もあり、経済への影響が懸念される事態となっている。 企業の中間決算発表で多くの企業は通期予想を出した。だが感染拡大が続き経済が停滞する期間…

天邪鬼

天邪鬼(あまのじゃく)は、ひねくれ者のことでわざと人に逆らう言動をする。人には好かれない性格であろうが、投資家としては必要な要素ではないかと思っている。 多数の意見に盲従することなく、少数派になったり孤独になったりすることを恐れない。そこに…

レッテル

株式はいろいろ分類される。 グロース株、バリュー株、割安株、成長株などなど。 そしてそれが意味することも人によって微妙に異なったりする。バリュー株にしても企業の本質的価値に比べて株価が割安と考えるのか、あるいはPERが10倍以下とかPBRが1倍以下な…

意外な驚き

上場企業の決算発表をみていると、コロナ禍による業績悪化の度合いが意外と重くない印象を持つ。確かに一部の企業は厳しい業績で、減収減益となる企業も多い。 だが春先に感じた底なしの泥沼に陥るかもしれないという恐怖感は感じなくなっている。むしろこれ…

調味料的存在

企業は継続して存続しなければならないが、コロナ禍という状況の中でそれが試されている。 今日は保有銘柄の一つであるアリアケジャパンが第2四半期決算を発表した。このアリアケジャパンの決算を見て、企業の地力というか底力を見たような気がした。 決算内…

祭りの後

次の米国大統領はバイデン氏にほぼ決まったことで、世の中はある種の高揚感に包まれている。この余韻はしばらく続くのかもしれないが、祭りの後は必ずやってくる。 この大統領選挙でいろいろな狂気と驚喜を見た気がする。そして、ユリウス・カエサルの有名な…

様子見

ここ最近、投資意欲が減退している。保有株が下落していることから気分が晴れないこともある。 なによりアメリカ大統領選挙という大きなイベントと企業の中間決算発表が本格化する時期が重なることで、何か大きな波乱が起きることは十分にありうる。その波乱…

年収と資産のバランス

生活水準を測る基準として「年収」がよく用いられる。 結婚相手に求める「年収」とか、世代別の平均「年収」とか。 年収によって序列をつけたがるけど、「年収」にこだわりすぎているのではないだろうか。 たとえ年収が多くても浪費家であれば蓄えることがで…

日本電産・永守会長の投資眼

この前の日経ヴェリタスで日本電産・永守会長の記事が掲載されていた。 永守会長は起業する前に経済を学ぶために株式投資を始めたという。日本電産はM&Aによって成長してきたが、その背景には株式投資で培った目利き力があったわけだ。 その永守会長の投資法…

「空箱」の上場という発想

先週、日経新聞で見慣れない言葉が出てきた。 「SPAC(特別買収目的会社)」 ソフトバンクグループがこのSPACを設立し米国市場上場させる計画らしい。 このSPACとは、Special Purpose Acquisition Companyの略で、自らは事業を営んでおらず、未公開会社など…

ロゼッタへの投資は振り出しへ

昨日、ロゼッタの決算発表があり、今日はその内容を受けてストップ安気配で値が付かない状態となっている。昨年の同時期もやはりストップ安となっていたのでもう馴れっこなのだが、決算の中身が全く異なることが気になる。 以下は昨年同時期の記事。 www.cra…

現在の株式市場をどう見るか

現在のところ、日本の株式市場は堅調な動きといっていい。だが米国大統領選挙という大きなイベントを控えていて、その結果によって株式市場がどう反応するのか先行きは見えづらい。 新型コロナウイルスによって株価が暴落した後は徐々に回復してきた。実体経…

ポートフォリオの新陳代謝

もうすぐ50歳にもなると細胞の新陳代謝も追い付かなくなり老いが加速していく。だが株式投資のポートフォリオは常に成長を維持していたい。そのためにポートフォリオにも新陳代謝が必要だと感じている。 これまで個別株を吟味することに重点があって、ポート…

証券会社のレーティング情報に思うこと

先日、保有するコムチュア株が急騰した。これは大和証券がコムチュアに対するレーティングを「買い」に格上げしたことによるものらしい。 こうした理由で株価が上昇するのだから既存ホルダーにとっては嬉しいことだ。 だが、この情報に接してから「買い」に…

「正しい」について

ブログを書いていたりするとどうしても文章の表現を考えてしまう。そういう中で、意識的に注意して使う言葉がある。その一つが「正しい」という言葉だ。 「1+1=2」は「正しい」ということなら別に問題ない。だが、「株式投資の正しい方法は〇〇だ。」と…

ウイルスという存在

新型コロナウイルスが人間に与える影響は甚大なものとなっているが、そもそもウイルスという存在はいったい何なのか。 ウイルスは厳密には生物とみなされていない。たんぱく質の殻のなかに遺伝物質があるだけの簡単な構造で、自力では増殖できず細胞に取り付…

キオクシアの上場延期について勘ぐる

キオクシアホールディングスの上場が延期されたことが大きく報道されている。今年最大の上場案件だっただけに反響が大きいようだ。もともとキオクシアという企業に全く興味はないが、あれこれ勘ぐってみたくなった。 上場延期の理由がファーウェイに対する米…

銘柄選びの傾向

会社四季報秋号を一先ず読み終えた。いくつか新たに気になった銘柄を見つけ、色あせた候補銘柄と入れ替えていく。今後もさらに読み込んで、できるだけ候補銘柄を絞り込んでいく。 選ぶ銘柄の基本的条件は変わらない。財務内容が強固であること、着実に利益が…

名馬より駄馬を見分ける

「名伯楽」という言葉がある。優れた資質を持った人を見抜いて成長させる人物のことを意味するが、この伯楽についての故事が「韓非子」に記されていて、そのエピソードが興味深い。 伯楽は馬の鑑定名人で、誰もが名馬の見分け方を知りたがった。そこで伯楽は…

今日は会社四季報発売日

今日は会社四季報発売日。 今回はいつもよりも注目度が高いのではないかと思う。前号のときは、コロナ禍によって業績の見通しが立っていない企業が多く、そのため予想についても精度はあてにならない状況だった。 だが今回は、四半期決算を通過して業績予想…

ロゼッタ株を追加取得

今日、ロゼッタ株を200株追加取得した。これで保有株数は1,000株になった。 ロゼッタ株を買い増ししたのは今後の業績拡大を見越してのことではあるのだが、それ以上に新たに掲げられたミッションをホームページで見たからだ。 ロゼッタの企業ミッションは、 …

PERが表すもの

株価の割高割安を測るモノサシとしてPER(株価収益率)がよく使われる。一般にはPERの数値が大きいほど割高で、小さいほど割安だとされる。だがこうした単純な見方で株価水準を測ることはできない。 PERは株価を1株当たり利益で割って算出されるが、これを変…

M&A仲介会社の闇

週刊東洋経済で事業承継に関する特集が掲載されていて、その中でM&A仲介会社の実像についての記事があった。私は、上場しているM&A仲介会社の一つであるストライクの株式を保有しているので、この記事は気になり読んでみた。 読後の結論として、このままスト…

自民党総裁選の行方

自民党総裁選候補者の政策が明らかになっている。 3候補の中で優勢となっている菅官房長官の政策に注目している。特に中小企業や地域金融機関の再編を打ち出していることは興味深い。 コロナ禍によって中小企業では事業継続が困難になる事態が増加し、事業継…

バブル劇場の入り口

日経平均株価がコロナ禍前の水準にほぼ戻ったが、多くの人に違和感をもたらしている。経済はいまだ停滞し雇用も厳しくなっていて景気はが上向く兆しも感じられないのに、株価は能天気といえるほど上昇していく。 このことが投資家にも警戒心を持たせることに…

権威に追随する心理

バフェットが日本の商社株を大量に買っていたことが判明し、商社株が急騰している。「投資の神様」のこの行動は株式市場を驚かせたようだ。そして多くの人が「投資の神様」に続こうとしている。 それまで商社株は見放されていた。唯一健闘しているのが伊藤忠…

自分がコントロールできることに集中する

株式投資というのは思い通りにいかないものだ。 一寸先は闇で思いもよらないことが起き、自分の立てた仮説があっさり覆される。そういったことが重なると自分を見失い思い悩むようになってしまう。 そんなときは帝政ローマ時代の奴隷出身哲学者エピクテトス…

侮れない企業風土

先日、政府が日産とホンダを経営統合させようとしていたという報道があった。この案が出されたのは新型コロナが発生する前だったというが、この報道を目にしたとき机上の空論というのはまさにこういうことだなと思った。 日産はカルロス・ゴーンの事件もあっ…

今後のREITの動向について考える

昨日、テレビ東京の「カンブリア宮殿」を観た。星野リゾートの特集ということで、星野リゾート・リートを保有している身とすれば気になったからだ。 新型コロナによって観光業は大きなダメージを受け、ホテル・旅館は深刻な状況に陥った。星野リゾートも例外…