投資狂日記

自由を追求するブログ

投資

運用状況を振り返る

ふと気づくと昨日時点で自分の資産評価額が過去最高額となっていた。会社勤めを辞め資産運用を中心にした生活にシフトし、資産を取り崩して徐々に目減りするものだと思っていたが、予想に反して増加し、しかも過去最高となったのは驚きだった。 だが、それも…

ヤフーとLINEの経営統合で思うこと

ヤフーとLINEが正式に統合することになった。これによって今後何が起きるかはわからないが、大きな影響があることは確かだろう。 こんな大きなニュースにもかかわらず、私は投資的にヤフーにもLINEにも興味がわかない。 これについて深く考えていたつもりは…

アビスト株を売却し、新たな銘柄を取得

現物株で保有していたアビストを売却した。 先日決算発表があり、その内容を見て判断した。 重く見たのは次期予想が芳しくないことだ。今期の決算が内容が悪いのはわかっていたので、翌期がどうなるかに注目していた。だが翌期の予想は減益となっている。思…

手っ取り早くと着実の狭間

投資での利益にはキャピタルゲインとインカムゲインがある。私はそのバランスが時によって移り変わる。 時にはキャピタルゲインを無性に追いかけたくなり、またある時はやはり配当重視へと舵を切る。この心中を探ってみると、手っ取り早く儲けたいという心理…

反省すれど、萎縮せず

ソフトバンクグループの2019年7月~9月期の連結決算が7,000億円の赤字となることが大きく報じられた。 シェアオフィスのウィーワークを運営するウィーカンパニーに関する投資損失が大きかったという。これまで順調に業績を上げてきただけに、この巨額損失は…

マーケット感覚

私はメルカリなどのフリマアプリを使ったことがない。ヤフオクのようなネットオークションも利用したことがない。 フリマやネットオークションは当然ながら売り手と買い手を結び付けるマーケットだ。この点で株式市場となんら本質的に変わらない。 マーケッ…

株価が動く要因

毎日株価を見ていると、なぜこうも動くのかと不思議に思うことがある。 動くのは何らかの理由があるわけだが、それは一つのことではなく様々なことが絡まりあって人々の思惑に影響し、株価に反映される。 では、様々なこととは何なのか。 ここで、様々なこと…

株の保有期間

私の株式保有期間は基本的に長い。 今保有している銘柄ではエーアイテイー株が一番長く、最初に投資したのはリーマンショック後のときだからもう10年ぐらい保有していることになる。この間、株式分割が何度かあったが、それを考慮すると株価は約3倍になった…

芝浦電子株の急上昇

芝浦電子株が急上昇している。 先週末の株価終値は2,732円だったのが、週明け月曜日には2,992円まで上昇し、今日はさらに上昇して3,195円まで上昇した。 いつもは出来高も少ないのだが、株価上昇に伴って出来高も増えている。どこかの機関投資家が買っている…

ロゼッタのストップ安

ロゼッタ株がストップ安となっている。 先日、第2四半期決算が発表され、売上・利益ともに前年同期比で大幅増加となった。にもかかわらず、今日はストップ安だ。 前日までは一本調子で上昇していたことから、決算発表を受けて利益確定の売りが出ていると考え…

リスクのある生活

投資をしているとどうしてもリスクについて考えることになるが、当然ながらリスクは投資のみならず日常生活にも存在している。 先日の台風19号は甚大な被害をもたらしたが、自然災害によるリスクについて改めて考えざるをえない。 リスクをとっていいこと、…

J-REITは売り時か

J-REIT価格の上昇が続いている。私が保有しているREITも含み益が膨らんでいる。 保有するREITの一部はすでに売却して利益確定しているが、その後もREITは上昇を続けている。こうなるともうそろそろさらなる売り時を考えておかなければならない。 指標面をみ…

毛嫌いするグレーな企業

関西電力役員らの金品受領問題で会長が退任することなった。記者会見では続投の意思を示していたものの世間の批判を受けてか一転して退任に追い込まれた。 コンプライアンスの観点からすればアウトにも関わらず、なおも役職にしがみつくような姿は醜いとしか…

JTは投資対象として魅力的なのか

JTの配当利回りは現在6%以上になっている。この高配当利回りに注目している投資家も多いようだ。さて、JTは投資対象として魅力的なのだろうか。 結論からいうと、私はJTに今のところ魅力があるとは思えない。 かつて私はJT株を買っていたことがある。禁煙す…

吟味すること

先月、我が家では洗濯機を買い換えた。 家電などを購入するとき、カタログなどで製品の比較をする。大きさはもちろん、必要な機能や逆に要らない機能を調べ絞り込んでいく。そして価格となり、それが見合わなければさらに検討する。 通常、モノを買うときは…

お金持ちより資産持ち

大部分の人はお金が欲しいと思っている。そして「お金持ち」になりたいと思っている。 では「お金持ち」というのはどういう人をいうのか。 よくよく考えてみると「お金持ち」というのはお金そのものよりもお金を生む資産を持つ「資産持ち」だ。土地や建物な…

企業の賞味期限

ファストファッションというビジネスモデルでかつて急成長したフォーエバー21が日本から撤退することとなったらしい。米国本社も破産申請を検討していると報道されている。 あれほど話題になり熱狂的ともいえたブームもあっという間に過去のものとなり、企業…

地球温暖化対策は有望な投資テーマ

先日、国連の「気候行動サミット」で若者の代表として登壇したトゥンベリさんの演説が波紋を呼んだ。 地球温暖化対策が遅々として進まないことに対し、各国の指導者へ向けて痛烈なメッセージを突き付けた。若者たちの危機感と怒りはもっともなことだ。 資本…

波が満ちて裸で泳ぎ始めたのは誰か

今日の日経新聞朝刊の1面は、社債発行が世界で急拡大しているという記事だった。 折しもFRBが0.25%の追加利下げに踏み切り、世界中で再び金融緩和の方向に向かっていることから企業の社債による資金調達は一層拡大するだろう。 調達した資金を成長に向けて使…

情報を解釈する力

興味深い記事を読んだ。 東洋経済オンラインの以下の記事だ。 toyokeizai.net 「教科書が読めない」というのは文字は読めるけれどその文章の意味が理解できていないということだ。例えば算数の問題で、解法がわからないのではなく、そもそも問題の意味がわか…

社長の進退

今日はZOZOがヤフーの傘下に入るというニュースに驚いた。 報道によれば、ZOZOの前沢社長は今後「月周回旅行計画」などといった新しい道へ進むという。 これでZOZOの社長を退くことになるわけだが、つい最近社長を辞任することになった日産の西川社長の場合…

日経平均VI先物を試したその後

試しに買ってみた9月限日経平均VI先物が今日、満期日を迎えた。 結果は無残にも損して終了。一時はボラティリティーが上昇したもののその後じりじりと低下し、そのまま平穏に過ぎていった。 ただ、10月限も下がってきていることから新たに10月限を購入。 今…

芝浦電子株を追加取得

今日は芝浦電子株を追加で200株取得した。株価はずっと下落傾向で、含み損が大きくなってきていたところでナンピン買いしたわけだ。 株価指標をみると、PERは10倍台でPBRは0.8倍となっている。とくにPBR0.8倍というのはかなり割安だと感じさせる。 芝浦電子…

今年の秋は波乱となるのか

早いもので今年も9月になった。 株式市場は相変わらず不穏な空気が漂って参加者が少ない状態が続いている。 不穏な空気を列挙してみると次のようになるだろう。 ・米中貿易戦争 ・ブレグジット ・イラン情勢 ・米朝関係 ・日韓関係 ・香港デモ そしてそれぞ…

銘柄の入れ替えを実施

今日は久しぶりに現物株の売買を行った。 REITのうちユナイテッド・アーバンの5口とケネディクス・レジデンシャル・ネクストの2口を売却。REITは全般的に好調だが、指標的にも過熱し始めていると感じていたので一部売却に踏み切った。まずまずの売却益は得…

急落への備え

株式投資をしている以上、株価の急落に見舞われることは覚悟しておかなくてはいけない。ただ無防備でいるというのも心もとないので、何らかの対策を試みたくなるものだ。 実は先週金曜日に、法人名義で試しに日経平均VI先物を1枚買ってみた。 VIというのはボ…

にわか雨の不運

今日の夕方、帰宅途中の最寄り駅を出ると雨が降っていた。台風の影響からか風も強い。昨日も雨が降ったりやんだりと変わりやすい天気だったので、少し待てば止むかもしれない、とは思った。だが、止むとは限らない。 しばらくは止まないと判断し、折りたたみ…

投資候補銘柄を物色中

子供たちとの夏休みイベントも一段落し、お盆期間中は家でくつろいでいる。 その時間を利用し、投資候補銘柄をもう一度選別し直している。最近発表されている決算を参考にしたり、四季報を丹念に読み直しているのだが、これまで候補としてきた銘柄と少し違う…

スキルとセンス

昨日、BSテレ東の日経プラス10という番組をたまたま観ていて、出演していたアナリストが日経平均株価の今後の見通しについて述べていた。その方が言うには、日経平均株価の下値は16,000円台らしい。しかもそれが9月あたりになるのではないかと。 その根拠を…

客を選べる企業、選べない企業

著名ブロガーであるちきりんさんの記事で「客を選べない仕事の不人気化」というのを読んだ。 最近は悪質なクレーマーや些細なことでキレるわけのわからない人が多くなっている。これまでは「お客様は神様」ということで多少の無茶は受け入れられてきたが、人…