投資狂日記

自由を追求するブログ

【読書記録】「新版 お金の減らし方」森博嗣 著

今、世の中はどうやってお金を増やすかについての関心が強い。新NISAによって投資を始める人も多い。書店ではお金の増やし方に関する本で溢れている。

 

そんな中、こんな本があった。

 

お金の減らし方?

そんなこと考えなくても、ただお金をたくさん使えばお金は減るだけだと考えるだろう。

だが、お金が減る代わりに何を手にしているか真剣に考えたことはあるだろうか。

お金を増やすことは重要ではあるが、そのお金をどう使うかのほうがはるかに大切なのではないのか。

 

著者は、「自分が使いたいものや、欲しいものを買うために、お金を使っている」という。

当たり前だと思うだろうが、著者からすると大勢の方は「自分のためにお金を使っていない。誰か人に見せるために使っている」ように見えるらしい。

「本当に自分がしたいこと」や「本当に自分が欲しいもの」をじっくり考えれば、多くの無駄遣いが減るという。

お金は自分の欲しいものに使う。そして、必要なものよりも、欲しいものを優先する。言い換えれば、自分にとって価値のあるものを得るために使うということだ。

 

自分にとって価値のあるものは何か。

これをはっきりさせることだ。

お金の使い方というのは、自分の生き方をデザインすることでもある。

 

そして「自己満足」こそ人生の目標となる。

他人から褒められたり評価される必要もない。

 

お金は価値を測る数字であり、「欲しい気持ち」を測ったものでもある。その気持ちは人によって異なるし、時間によっても変化する。

「欲しい気持ち」がはっきりしていなければお金を持っていてもしょうがない。

 

この本は、自分が欲しいものが何かをうやむやにしたままで闇雲にお金を増やそうとしていないか、今一度立ち止まって考えるきっかけになる。